通信教育で学べる、行政書士資格取得への道

行政書士の業務は登録や申請に関わる代行業務を行うための国家試験です。

試験としては、その手続きを円滑に進めるための法令に関する出題が46問、一般常識・知識に関する問題が14問出題されます。
他の国家資格のような受験資格の制限はとくにありません。そんな行政書士の資格取得を通信教育で始める場合、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

行政書士の試験問題は、先に述べた通り出題数も多く、その為の知識が必要となります。
独学でこの試験についての勉強を始めようとすると、何冊もの参考書が必要となってきます。通信教育で勉強する場合には、試験に特化した参考書や過去問を独自で開発・作成しているので、文字だけでなく図解を交えながら要点を効率良く学ぶことができます。
また、DVDやCDなどの目や耳から学ぶことができる教材がある通信講座もあるので、移動中や急な空き時間も無駄なく勉強をすることができます。テキストにしろDVD等にしろ、各社に特徴が表れているので、始める前の通信講座選びも重要になってくるため、資料請求等で見比べてから講座を選ぶことをおススメします。
受講生の合格率が高いということも、それだけ分かり易い講座という目安になるでしょう。
分からないことを分からないまま勉強を進めるのではなく、通信講座のサポートを有効に利用し、理解を深めたうえで模擬試験を受けると自信を持った解答をすることができ、それが合格へと繋がっていくのです。